Event is FINISHED

VTuberハッカソン全国ツアー2019【東京大会】

Description
*6/26追記: 申し込み枠に余裕がありましたので抽選ではなく先着順に変更しました。
 チケットが「参加チケット(抽選)」になっていますが、抽選はせずに先着順で受け付けます。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

2018年8月から11月にかけて全国15地方大会+決勝となるプレミアム大会という合計16回の VTuberハッカソンを開催し、413名が参加93チームが VTuberとしてデビューしました。

特に全国の優勝チームが集まったプレミアム大会は大きく盛り上がり、全国放送のテレビ番組で特番が組まれるなど、VTuberの注目と知名度の向上に貢献いたしました。

このVTuberハッカソンを2019年も全国ツアーとして開催、その地方予選の第一弾として東京大会を開催いたします。

昨年は初回ということもあり、VTuberのコンテンツ制作のみをターゲットとして開催いたしましたが、本年はコンテンツ制作、ご当地VTuber、システム開発という 3部門制で評価いたします。

2019年の VTuberハッカソン全国ツアーの開催要項は以下の通りです。

●ハッカソン概要

*成果発表時に必ずどの部門であるかを明示していただきます。
*VTuberシステム開発部門は他の部門と重複できますが、VTuberコンテンツ制作部門とご当地VTuberコンテンツ制作部門は重複できません。

■VTuberコンテンツ制作部門

VTuberコンテンツ自体を競う部門です。以下の条件でハッカソン時間中に VTuberコンテンツを制作していただきます。
  • CGキャラクターを制作する(あるいは制作済みのキャラクターを持ち込む)
  • 1分30秒以上 5分以下の番組構成を考える
  • 振り付けや声を入れる
  • オープニング画面やクロージング画面を制作する
  • 必要に応じて字幕を入れる
  • YouTubeに投稿する
どんな見た目や性格の3Dアバターに、どんなことをさせたらユーザーの心に突き刺さるキャラクターになるのか。もちろんキャラは人でも動物でもOKですし、性別も問いません。

なお、成果発表時には「VTuberの紹介、コンテンツ概要の紹介、公開しているYouTubeチャンネル名、使用している技術やデバイスなどを図解を用いたスライドを制作した上でプレゼン」していただきます。

※2018年度に決勝進出チームに所属していたメンバーが過半数を超える場合、そのチームはエキシビジョン参加扱いとします。

■ご当地 VTuberコンテンツ制作部門

VTuberとして地元の名産品や地元商店街、地元の観光地や観光名所などを紹介して国内旅行者や海外からのインバウンド需要を喚起することを目的とした VTuberコンテンツを競う部門です。以下の条件でハッカソン時間中にご当地 VTuberコンテンツを制作していただきます。
  • ご当地 VTuberキャラクターを制作する(あるいはご当地から許諾を受けて借りる)
  • ご当地の名産品や商店街、観光地、観光名所を紹介する
  • 1分30秒以上 5分以下の番組構成を考える
  • 振り付けや声を入れる
  • オープニング画面やクロージング画面を制作する
  • 必要に応じて字幕を入れる
  • YouTubeに投稿する


なお、成果発表時には「ご当地の何をどう紹介するのかを図解を用いたスライドを制作した上でプレゼン」していただきます。
また、特定店舗の名産品や商店街や観光名所などの映像化にあたって許諾が必要な場合は、正当な手段で許諾を得ていることをプレゼン時に発表していただきます。
ご当地の地方公共団体や公益経済団体と連携してご当地コンテンツの制作を行う場合、連携あるいは推薦を受けていることをプレゼン時のスライドにその証憑と共に含めてください。


■VTuberシステム開発部門

VTuberのキャラクター制作、VTuberとしての操演、VTuberコンテンツのオーサリング、VTuberコンテンツの配信、VTuberのマネタイズ、VTuberの宣伝活動など、VTuberとして活動するために必要となるシステム自体を競う部門です。
以下の条件でハッカソン時間中に VTuberシステムを制作していただきます。
  • 未発表のシステムであること
  • VTuberのためのシステムであること
  • VTuberのためのシステムであることを図解とデモでプレゼンできること
  • 成果発表時にデモとして正常に稼働すること
  • ハッカソン終了後にも稼働できる耐久性があること

なお、成果発表時には「システムの用途、使い方、システムの新規性、独自性、VTuberにどう役立つのか、活用提案などを図解を用いたスライドを制作した上でプレゼン」していただきます。

●こんな方に参加して欲しい!

ハッカソンで多いプログラマーだけでなく、デザイナーや声優、シナリオライター、ビデオエディターなど、幅広いジャンルの方々を求めています。もちろんプロ・アマ関係なし! ここで生まれたキャラクターをブラッシュアップして、そのままVTuberとして活動するもよし。さらに別のVRコンテンツに昇華させるもよし。創作のきっかけとして、ぜひご参加ください。

  • ディレクター
  • プログラマー
  • VRコンテンツ開発者
  • ゲーム開発者
  • シナリオライター
  • 声優
  • 振付師
  • モーションアクター
  • ダンサー
  • グラフィックデザイナー
  • 3Dモデラー
  • ハードウェアエンジニア
  • 音響エンジニア
  • 映像クリエイター
  • 映像編集者

●開催概要

  • 開催日時:2019年7月6日(土)09:00 〜 7日(日)21:00
  • 開催場所:アカツキ オフィス(東京都品川区上大崎2-13-30 oak meguro 8階)
  • 参加費:無料
  • 募集人数:ハッカソン参加者 50名(先着順)

●ルール

  • コンテンツやシステム内で使用するすべての素材の権利が問題ない状態にする
  • 公序良俗に反するコンテンツやシステムを開発しない

●賞

  • 最優秀賞: 各部門 1作品
 *審査員による審査の結果、最も優秀と認められた作品をひとつ選出します
 *選出された作品を制作したチームには全国大会決勝戦に進出する権利が授与されます

  • オーディエンス賞: VTuberコンテンツ制作部門とご当地VTuberコンテンツ制作部門で各1作品

 *投稿したYouTubeの動画で、ハッカソン終了から1ヶ月間で再生数が一番多かった作品を表彰します。
 *選出された作品を制作したチームには全国大会決勝戦に進出する権利が授与されます

※最優秀賞チームの動画の再生数が一番多かった場合には重複授与とし、決勝戦進出チームは1チームとなります。
 そのため決勝戦に進出できるチームは最大5チーム、最少0チームです。
※全国大会決勝戦は2019年12月に開催予定です。

●審査基準

  • 完成度: デモが可能かどうか、成果物をきちんとYouTubeにアップできているか
  • VTuber度: VTuberという呼称のイメージに合っているか
  • 熱狂度: 作品が閲覧者の心をくすぐりそうか

●審査員

交渉中

●開発環境

PCやモーションキャプチャー、VR HMD、カメラ、録音機材は持ち込み可能です。
*持っていない方向けに、下記の機材を会場で貸し出します。
  • Perception Neuron 1.0: 4セット / Noitom Ltd. (モーションキャプチャーデバイス)
  • Perception Neuron Pro: 1セット / Noitom Ltd. (モーションキャプチャーデバイス)

●タイムテーブル

1日目: 7月6日(土)
09:00 受付・入場開始
09:30 開会式・ルール説明
10:00 ハッカソン開始・チーム編成。以降開発
17:00 企画発表

2日目: 7月7日(日)
16:00 ハッカソン終了
16:00 審査会プレゼン・試遊会開始
18:30 審査員による審査会議/参加者は懇親会
20:00 試遊会・懇親会終了/審査結果発表
21:00 撤収開始/現状復帰
22:00 完全撤収

●当日のお願い

  • Peatixから発行される参加証をご持参ください
  • 初心者歓迎ですが、開発に必要なハード・ソフトの操作ならびに VTuberコンテンツ制作に関する知識は自習をお願いします。

●イベントハッシュタグ

#VTuberHack

#VTuberHackTokyo


●つぶやきまとめ

https://togetter.com/li/1361174



●会場設備

  • ゲスト用Wi-Fiをご利用いただけます
  • 電源は譲り合いです
  • 各自電源タップや延長コードをご用意ください
  • 会場には就寝設備や仮眠設備はありません
  • 飲食は可能です。飲み物は予め多めにご持参ください
  • 未成年の方も参加できるイベントですのでアルコール類は厳禁です
  • ニオイが強い飲食物は避けてください
  • 床やテーブル・イスを汚さないようにしてください
  • 万が一床にこぼしてしまった場合にはすぐにお声掛けください
  • スーツケースで持ち込めないサイズの物品の持込はご遠慮ください
  • 会場内のカーペットの上ではスーツケースの車輪を転がさずに持ち運び、横置きしてください
  • セグウェイW1等は会場のカーペット上で転がす前に車輪をウェットティッシュ等で綺麗に拭いてください
    *ウェットティッシュはご持参ください
  • 会場内は高温・禁煙・火気厳禁です
  • 発火・発煙する装置類はご利用になれません
  • 電気ポットは持ち込めません。お湯は当日運営までご相談ください
  • 防火装置が反応する高温を発する器具やデバイス類もご利用になれません
  • 喫煙は建物内の所定の喫煙所で開扉時間帯のみ可能です
  • 深夜は3~5時間ごとに希望者を募って買い物外出時間を設けます

●参加条件

  • ハッカソンの様子を写真・動画撮影したりSNSやメディアに投稿する可能性があります
  • ハッカソンの様子を適宜ライブ配信する予定です
  • 終了後、撤収前に会場の後片付けと清掃を手伝っていただきます
  • モーションキャプチャーデバイスや音響・映像機器を所持していなくても参加可能です
  • 事前に編成したチームでの参加応募も可能です。参加申込時に代表者名を申請してください
  • 保護者同伴で参加する16歳未満の方は22時までにご退出いただきます(*)
  • 保護者が同伴せずに参加する16歳未満の方は18時までにご退出いただきます(*)
  • 保護者が同伴せずに参加する16歳以上18歳未満の方は22時までに退出していただきます(*)
  • 貸し出し機器を借りる際は丁寧に最新の注意を払ってお使いください
  • 会場や会場設備、貸し出し機器を破損した際は原状回復の実費をご負担いただきます
*参加申し込み時のアンケートで18歳未満は参加できない旨の選択肢がありますが、アンケート内容を変更できないためそのままにしています。上述で指定する時間で必ずご退出いただきます。


●審査兼試遊時間について

  • 審査員が審査していないタイミングで参加者同士がコンテンツを試せる時間です
  • 審査員による審査を優先していただきます
  • 成果物の説明などのために必ず一名以上は説明担当として残ってください

●取材・見学のお申し込み

社外秘の機器類が多数持ち込まれる可能性が高いイベントですので、イベント運営の都合上、取材や見学の方は事前にお申し込みいただいた方のみとさせていただきます。問い合わせは文末の運営へお願いします。

●運営

主催:PANORA(株式会社パノラプロ)
共同主催・企画・運営:SVVR Japan 
会場提供:株式会社アカツキ 

●問い合わせ先

event@svvr.jp
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#448662 2019-06-29 11:21:31
More updates
Jul 6 - Jul 7, 2019
[ Sat ] - [ Sun ]
9:30 AM - 9:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
参加チケット(抽選) FULL
Venue Address
品川区上大崎2丁目13−30 8階 oak meguro Japan
Organizer
PANORA
1,443 Followers